makeeast.com

パソコン周りの掃除でマウスのトラックボール

パソコン周りの掃除は日常的に行う パソコン周りの機器としてマウスがあります。形がネズミのように似ているのでそう名付けられたのでしょう。タイプは幾種類かあります。まずはトラックボールを下に備えたもので、かつて主流だったタイプです。今の主流としては光学センサ式です。トラックボールのものに比べて重さが軽くなり、小さくなっています。下にトラックボールが付いているものの他に、指でトラックボールを動かすタイプがありあす。マウスそのものを動かす必要がありません。

トラックボールタイプのマウスにおいて操作がしにくくなる事がありました。いくらマウスを動かしても動かなくなるのです。これはトラックボールの部分が汚れているからです。机などの上を行ったり来たりさせていますが、その度に汚れを取り込んでいます。トラックボールの部分については掃除ができるように開けられるようになっています。開けるとまず重たいボールが出てきます。そして縦と横に可動式の棒のようなものがついています。

この棒の回転がうまくいかないことでマウスの動きが悪くなっているのです。よく見るとホコリが絡まっていたり、髪の毛が絡まっていたりします。それを取り除いてやればきれいに回るようになります。ボール自体もきれいに洗います。