makeeast.com

パソコン周りで光学式マウスの掃除

パソコン周りの掃除は日常的に行う マウスにおいてトラックボール式が一般的な頃、光学式のものがあり使わせてもらったことがあります。今の光学式マウスはあまり場所を問われません。多少反応しにくいこともありますが、大体の面で支えます。今から10年から15年ぐらい前の光学式のものは特別なマウスパッドを使うものでした。鏡のように反射させないと使えないものだったのです。そう考えると今のものは非常に使いやすくなっています。それでも時々使いづらくなることがあります。

使いにくくなる原因としては汚れになります。パソコン周りにおいてはマウスは手で持つ時間が長いものです。まず手で触る部分を掃除するようにします。材質によっては黒ずんでいることがあります。あまり気持ちいいものではありません。一度つくと取れなくなるので、黒ずむ前にきれいにするようにします。ボタンの隙間にホコリが入ることがあります。これを取るにはブラシを使います。ブラシの一本を隙間に入れればそれがホコリをかき出します。

裏面の光学部分についてはトラックボールに比べると掃除はしやすいです。ホコリもたまりにくくなっています。軽く乾いた布で拭けば簡単に汚れも取れるでしょう。ただし光学部分に汚れがこびりつくと使えなくなるので、反応が鈍くなったらきれいに掃除します。